インクリアとギノフィット徹底比較!細菌性膣炎にはどっちがお勧め?

細菌性膣炎やカンジダ膣炎の専用ケア用品として人気のインクリア。
そして、最近よく目にするのがギノフィット乳酸ジェル。
細菌性膣炎と言えば「インクリア」という状態なら、ケアを始めるかどうかで悩むだけですが、2種類あるとどちらにするか迷ってしまいますよね。
そこで、「インクリア」「ギノフィット」を徹底比較してみました。

細菌性膣炎の原因と改善方法

細菌性膣炎の原因

膣には病原菌などの悪玉菌の侵入や、それらが膣内部で増殖してしまうことを防ぐために、膣内部を酸性に保つ働きがあります。これを「膣の自浄作用」と言います。

そして、その役割をになっているのが「デーデルライン桿菌かんきん(乳酸桿菌)」です。

デーデルライン桿菌には、乳酸を産生することで膣内を酸性に保つ働きがあります。

細菌性膣炎は、なんらかの原因でこのデーデルライン桿菌が減少してしまうことで、膣の内部を清潔に保つことができなくなってしまうことによって起こります。

細菌性膣炎の改善方法

細菌性膣炎を改善するためには、次の2つのポイントがあります。

  • 膣内に増殖した悪玉菌を取り除く
  • デーデルライン桿菌を増やして膣の自浄作用を回復する

ですが、膣内に増殖した悪玉菌だけを取り除くのは簡単なことではありません。

膣洗浄

膣洗浄では、悪玉菌だけでなく雑菌の侵入・増殖を防ぐ役割のあるデーデルライン桿菌まで洗い流してしまうことになります。

膣洗浄後は、膣内が非常に無防備な状態となって、一時的に症状の改善がみられたとしても、非常に再発しやすい状態になってしまうのです。

医薬品による殺菌

医薬品による殺菌においても、細菌性膣炎の原因菌は特定することができないため、膣洗浄と同様にデーデルライン桿菌も一緒に殺菌してしまうことになります。

また、完全に殺菌してしまう前にケアを中断すると、その悪玉菌は「その医薬品に対する耐性」をつけてしまうので、より治りにくい状態になってしまうこともあります。

乳酸菌療法

細菌性膣炎の乳酸菌療法は、膣内に乳酸を注入することによって「膣の自浄作用」が正常に働いている状態を再現することによって、細菌性膣炎の原因菌を殺菌します。

乳酸を生成するデーデルライン桿菌は、もちろん乳酸によって殺菌されることはありませんので、悪玉菌を殺菌したあとは、デーデルライン桿菌による膣の自浄作用を回復することができます。

酪農業が盛んなヨーロッパでは、早くから乳酸菌を用いた細菌性膣症の臨床実験が行われており、近年ではアメリカでも注目を集め、医学的エビデンス(証拠・根拠)が高い治療方法として積極的に推奨されています。

 乳酸菌療法は、現状で最も理想的な細菌性膣炎の対処方法です。

「インクリア」と「ギノフィット乳酸ジェル」の比較

細菌性膣炎への効果

「インクリア」と「ギノフィット乳酸ジェル」は、どちらも産婦人科医と共同開発した乳酸を主成分とした細菌性膣炎専用のケア用品です。

「インクリア」と「ギノフィット乳酸ジェル」は、細菌性膣炎に対してどちらも高い改善効果を期待することができます。どちらか一方のほうが効果が高いと言い切れるほどの差はありません。

携帯電話の会社を選ぶようなもので、

効果があるのは当たり前、その他に魅力があるのはどっち?

という見方で多角的に比較してみました。

容器・注入方法

インクリア

注射器のようなシリンダータイプ。

タンポンと同じような使用感で膣に挿入後、ワンプッシュでジェルを出し切りやすい。

ギノフィット乳酸ジェル

チューブタイプ。

先端を膣に挿入後、歯磨き粉のようなチューブ部分を押してジェルを出す。

容器・注入方法を比較してみると、ワンプッシュでジェルを出し切ることができるインクリアの方が使いやすいかもしれません。
ですが、ギノフィットが使いにくいというわけではありませんので、そんなに大きな差にはならないかと思います。

製造国

インクリア

韓国

ギノフィット乳酸ジェル

スイス

残念ながら現在は、乳酸を主成分とする細菌性膣炎のケア用品は、日本国内で製造されたものはありません。

お届けまでの日数

インクリア

最短で本州・四国が翌日、北海道・九州が翌々日、沖縄が4日程度となります。

ギノフィット乳酸ジェル

5日から7日のお届け。配送状況や税関の調査など異例の事があると遅れる場合があります。

ギノフィット乳酸ジェルは、スイスからの個人輸入扱いとなりますので、7〜5日かかるようです。お急ぎの場合は、インクリアの方が良いでしょう。

ラインナップ

インクリア

インクリアのラインナップは、インクリアのみです。

ギノフィット

ギノフィットは、次のような細菌性膣炎やカンジダ膣炎を始めとするデリケートなお悩みに対するケア用品を揃えています。

  • 細菌性膣炎対策 乳酸ジェル
  • プロバイオティクス(善玉菌)カプセル
  • デリケートゾーン用拭き取りシート(乳酸配合)
  • ウォッシュローション(乳酸配合)
  • 性交時の痛みや不快感に ギノフィット保湿ジェル
ギノフィットは、細菌性膣炎を始めとするデリケートなお悩みに関するケア用品が充実しています。
お得なセット販売もありますので、症状が重い場合は「乳酸ジェル」と「プロバイオティクス(善玉菌)カプセル」で身体の外側と内側からダブルでケアをすると、より効果的です。

価格

インクリア(税抜)
セット 3本セット 10本セット
価格 1,200円 3,600円
1本あたり 400円 約360円
ギノフィット乳酸ジェル(税抜)
セット 6本入り 12本入り
価格 2,570円 3,270円
1本あたり 約428円 約272円

インクリアの3本セットとギノフィット乳酸ジェル6本セットの、1本あたりの価格を比較するとインクリアの方が安く、インクリアの10本セットとギノフィット乳酸ジェル12本セット1本あたりの価格を比較するとギノフィット乳酸ジェルの方が安くなるという結果になりました。

細菌性膣炎は症状が治まるまで毎日継続してケアを続けることがとても大切です。
インクリアの場合、3本という本数は微妙な本数のため、10本セットを購入することが多いと思います。ギノフィット乳酸ジェルが、12本入りでもインクリアより安いことは大きな魅力です。

「インクリア」と「ギノフィット乳酸ジェル」の比較表

  インクリア ギノフィット乳酸ジェル
効果
容器・注入方法
製造国 韓国 スイス
お届けまでの日数
1日〜4日

5日〜7日 
ラインナップ
乳酸ジェルのみ

豊富
価格
(最安値)

1本あたり428円

1本あたり272円 

急ぎの場合はインクリアがお勧め!
細菌性膣炎の改善だけでなく、生理後やセックスの後に使用することで予防にも効果を発揮する「乳酸ジェル」は、常に持っておきたいアイテムです。
商品の到着まで日にちがかかるのがネックですが、お得な「ギノフィット乳酸ジェル」が魅力的。豊富なラインナップでデリケートなお悩みをトータルにケアすることもできます。
参考記事

 細菌性膣炎やカンジダ膣炎は「ギノフィット乳酸ジェル」でケア!

 インクリア(inclear)デリケートゾーンの臭いをスッキリ解消!

ギノフィット乳酸ジェルの詳細・ご購入はこちら

デリケートゾーン専用ケア【ギノフィット乳酸ジェル】

インクリアの詳細・ご購入はこちらから

downarrow

管理医療機器腟洗浄器inclearインクリア

heart_borders695

【男性アンケート】デリケートゾーンの臭いについて

最後までお読みいただきありがとうございました

以下のソーシャルメディアボタンをタップすると、この記事を友達と共有することができます。


この記事はお役に立ちましたでしょうか?
これからもみなさんのお役に立つ情報を更新していきますので、応援よろしくお願いします。