細菌性膣炎やカンジダ膣炎は「ギノフィット乳酸ジェル」でケア!

ギノフィットおりものから魚の腐ったような腐敗臭がする細菌性膣炎。
ネット上には「細菌性膣炎に効く!」という様々な方法があふれているのに何度も繰り返してしまうのは、しっかりと原因が解消されていないから。
産婦人科医と協力して開発された第三医薬品「ギノフィット乳酸ジェル」をご紹介します。

ギノフィットはこんな人にお勧め

膣内のpH値を低下させる(酸性にする)グリコーゲンと乳酸を主成分とする「ギノフィット乳酸ジェル」は、細菌性膣炎やカンジダ膣炎による次のような症状にお悩みの方にお勧めです。

  • 多量のおりもの
  • 魚臭いニオイのするおりもの
  • かゆみ・痛み・焼けるような感覚
女性器という場所、それも不快なニオイというデリケートな症状だけに、

では「ギノフィット乳酸ジェル」が上記のようなお悩みにどのように働くのかを確認してみましょう。

細菌性膣炎の原因

膣の自浄作用

女性器は周辺に尿道や肛門などもあることから、大切な器官でありながらも雑菌にさらされやすい場所にあります。

そのため膣には、膣内を常に酸性に保つことで、外部から侵入してきた雑菌を殺菌する「膣の自浄作用」が備わっています。

その自浄作用をになっているのが、デーデルライン桿菌かんきんと呼ばれる善玉菌です。このデーデルライン桿菌が「乳酸」をつくり出すことによって、膣内を酸性にすることで外部から侵入してきた悪玉菌を撃退し、膣内を清潔に保っています。

膣の自浄作用の低下

ですが、次のようなことが原因で、膣の自浄作用が低下してしまうことがあります。

  • 抗生物質の服用
  • 膣内部の洗いすぎ
  • 過度のストレス
  • 妊娠・出産などによるホルモンバランスの乱れ

膣の自浄作用の低下は、抗生物質の服用や洗いすぎ。または、過度のストレスや妊娠・出産・生理周期などによるホルモンバランスの乱れによってデーデルライン桿菌かんきんが減少してしまうことによって、膣内に悪玉菌が増殖することで起こります。

細菌性膣炎の症状である「おりもの」のニオイは、症状が軽いことや恥ずかしさから、なかなか婦人科にも行きづらいものです。
「ギノフィット乳酸ジェル」は、恥ずかしくて誰にも言えないお悩みを自宅で解決することができるケア用品です。

ギノフィット乳酸ジェルの効果と使い方

ギノフィット

細菌性膣炎が何度も繰り返す原因

ネット上には「細菌性膣炎に効く!」という様々な方法があふれています。

細菌性膣炎が何度も繰り返してしまう原因は、それらの方法が、一時的にニオイの原因菌を除去する方法でしかないからです。

細菌性膣炎・カンジダ膣炎の再発を防止するためには、現在膣内に増殖している悪玉菌・カンジダ菌を殺菌するだけでなく、次に悪玉菌が侵入してきたときに撃退できるように、膣の自浄作用を正常に戻してあげる必要があります。

ギノフィット乳酸ジェルの成分と効果

細菌性膣炎を改善刷るためには、一時的に善玉菌を含む全ての細菌を殺菌・除菌するだけでなく、善玉菌を増やし、正常な自浄作用を取り戻す必要があります。

「ギノフィット乳酸ジェル」は、乳酸グリコーゲンの2つの働きによって、膣の正常な自浄作用の回復に働きかける効果があります。

乳酸

膣の自浄作用をになっているデーデルライン桿菌は、乳酸を産生することによって膣内を酸性に保ちます。

「ギノフィット乳酸ジェル」に配合されている乳酸が、減少しているデーデルライン桿菌の代わりに膣内を酸性にすることによって、ニオイの原因菌やカンジダ菌などの悪玉菌の増殖を抑えます。

グリコーゲン

善玉菌であるデーデルライン桿菌は、グリコーゲンを分解することによって乳酸を産生します。いくらデーデルライン桿菌が増えたからといって、乳酸の原料となるグリコーゲンが少なければ意味がありません。

「ギノフィット乳酸ジェル」に配合されているグリコーゲンによって、乳酸の酸性を活発化させることによって、膣の自浄作用の回復を早めます。

「ギノフィット乳酸ジェル」は、無香料、抗生物質、パラベン、防腐剤を一切含んでいませんので、安心してご使用することができます。

ギノフィット乳酸ジェルの使い方

「ギノフィット乳酸ジェル」の注入方法

ギノフィット1

① ▼の印を目印に包装を開き「ギノフィット乳酸ジェル」のチューブを取り出します。

② 「ギノフィット乳酸ジェル」のチューブのキャップを取り外します。

③ 身体をリラックスさせた状態で「ギノフィット乳酸ジェル」をチューブの先端から膣に挿入します。

④「ギノフィット乳酸ジェル」のチューブ部分を指で押して、ジェルを全て注入します。

⑤「ギノフィット乳酸ジェル」のチューブをゆっくりと引いて抜きます。

「ギノフィット乳酸ジェル」が長く膣内にとどまるほど効果が高まります。「ギノフィット乳酸ジェル」を注入後は、無理に排出する必要はありません。

「ギノフィット乳酸ジェル」を使うタイミング

1日1回、夜寝る前に1本注入します。

細菌性膣炎やカンジダ膣炎によるかゆみ、ニオイ、おりもの、焼けるような感覚など、デリケートゾーンの不快感の症状が治まるまで、6〜12日間を目安に継続してご使用してください。

 ギノフィット乳酸ジェルは、1本1本別梱包で使い切りですので衛生的です。

「ギノフィット乳酸ジェル」を使いはじめのときは、乳酸によって死滅した細菌が混じったおりものが出てくることがあります。
おりものシートなどをご使用になるか、汚れても良い下着を身につけてご使用下さい。

ギノフィット乳酸ジェルの特徴

  • 持ち歩きに便利なコンパクトサイズですので、外出先や旅行先でも場所を選ばずにケアをすることができる。
  • 膣内の全ての細菌を殺菌するわけではないので再発しにくい。
  • 1本1本別々に包装されてた使い切りチューブなので衛生的。
  • 簡単シンプルなケア方法のため、失敗しにくい。
  • 乳酸を用いた細菌性膣炎改善の本場であるヨーロッパ(スイス)製のため安心。
  • 産婦人科医と協力して開発されているため、理にかなった成分内容。

産婦人科医と協力して細菌性膣炎やカンジダ膣炎によるニオイや不快感の改善のために開発された「ギノフィット乳酸ジェル」は、膣の自浄作用を保つために必要なデーデルライン桿菌かんきんも一緒に殺菌してしまうことはありません。

膣内環境が改善されるまでは、継続してケアを続けることが大切です。「ギノフィット乳酸ジェル」は、時間をかけずに簡単にケアをすることができますので、忙しい時でも手間をかけずにケアを続けることができるのもうれしいポイントです。

「ギノフィット乳酸ジェル」を1セット、12本を毎日使用しても症状が改善されない場合は、別の原因が考えられますので婦人科の受診をお勧めします。

細菌性膣炎のお悩みは専用用品でケア!
細菌性膣炎やカンジダ膣炎は、性行為の有無に関わらず女性なら誰にでも起こる可能性があります。そのため、お金をかけずに身近にあるものでケアをする方法もたくさん紹介されていますが、再発に悩まされている人が多いのが現実です。
細菌性膣炎やカンジダ膣炎には、専用のケア用品「ギノフィット乳酸ジェル」がお勧めです。

ギノフィット乳酸ジェルの詳細・ご購入はこちら

デリケートゾーン専用ケア【ギノフィット乳酸ジェル】

上記公式サイトのギノフィット・シリーズには「ギノフィット乳酸ジェル」をはじめ、再発の予防に効果的な「ウォッシュローション(無香料)」「拭き取りシート(無香料)」「善玉菌カプセル」なども取り扱っています。詳しくは公式サイトをご確認ください。

【男性アンケート】デリケートゾーンの臭いについて

最後までお読みいただきありがとうございました

以下のソーシャルメディアボタンをタップすると、この記事を友達と共有することができます。


この記事はお役に立ちましたでしょうか?
これからもみなさんのお役に立つ情報を更新していきますので、応援よろしくお願いします。